街コンの年齢制限

街コンの年齢制限

最近人気の街コンというと、そのイメージとしてはやはり「若い人中心のイベント」ということになるでしょうし、実際それは間違っていないはずです。
ただ、中には40代や50代、そしてごく少数派ではありますが、稀に60代の人も参加しているという話を耳にすることもあります。

 

 

 

ということで、「街コン=若い人」ではなく、「街コン=老若男女」という認識こそむしろ正しいのかもしれません。

 

 

 

しかし、世に広まった当初は確かに、その自治体が発行する「参加証」さえ付帯していればそれでオッケーであった街コンが、最近では、混乱を避ける目的や、セキュリティー確保の目的から、いろいろな角度から整備が進んでいる印象の街コンが多くなってきているのも事実で、その整備方法として、「年齢制限」を設けられた街コンもチラホラ見られるようになってきた、というのが少し残念な気がしないでもありません。

 

 

 

というの、私のようなオッサンからすると、オッサンにはオッサンの、オバサンにはオバサンの市民権はないのか!と、どうしても思ってしまうからです。
出会いというのは若い人たちだけの特権というわけでもありません。

 

ひと昔前ならその理屈もまかり通ったかもしれませんが、しかし晩婚化、少子高齢化が進む現在では、それは一概に当てはまらないという考え方のほうがむしろ正論とも思えるのです。

 

 

 

あれ・・・それは私がオッサンだからでしょうか?
みなさんはどのように思いますか?
特に若い人たちのご意見を拝聴したいものですな。